へらぶな釣りと旅行

アクセスカウンタ

zoom RSS 真嶋園 その13

<<   作成日時 : 2017/12/30 10:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 12月29日(金)は、年末休み初日です。珍しくの単独釣行なので色々と迷いましたが、やっぱり両グルの底で楽しみたいと思い『真嶋園』に行く事にします。ここならば、「キャスティング成田富里店」によって年末年始恒例のクジ引きも帰りにやって来れますしね。年明けの2日と3日は急きょスキーに行く事になったので行けませんし。一応、数日前に「キャスティング」の真嶋氏から情報仕入れておいたので、両グルで釣れるのは間違いなさそうな雰囲気です。到着してみると、年末だけあってあまり混んでない様子。なので、情報通り「北桟橋」に入ります。そして、天気予報では西風も吹きそうなので、ネットに近い方へ行きます。竿は10〜13尺が良いとの事なので11尺をチョイスして始めてみる事に。

場所 北桟橋(タナ規制なし)
    ※手前にカケアガリで浅くなる
竿 11尺 底 両グルテン
道糸 原着フロロ 0.6号
ハリス 将鱗 フロロ 0.3号
  上 40cm
  下 47cm
ハリ 上下 グルテン鈎 3号
ウキ くし玉 幸(N) 9番
エサ
 @グルテン四季:2 強力グルテン;1
  水:3
 Aグルテン四季:2 わたグル:1
  水:3.5
 Bグルテン四季:4 強力グルテン;3
  水:7
 Aに戻す

 準備を始めますが、ウキは11尺周辺はカケアガリがキツイと聞いていたので、ウキはちょっと大きめを使います。エサは、「新べら」も狙えて持ちも良くした@、ハリスも「真嶋園」では基本の7cm段差で竿の長さの割には長めです。底は思った以上にカケアガリがひどくて測る度に違います(汗) なので、開き直ってある程度の底立てをした後に馴染み幅で調整と割り切って7時半にスタートです。数投は馴染みのでの調整に費やしてましたが、10分も経たないうちにウキが動き出します。そして、着底して一瞬の間があった後にチクッと入って第一号が7時44分に釣れます、さすが「真嶋氏」のホームグランド情報通りです。基本早いアタリがヒット率が高く、待っていてもアタらないです。おそらくは、「新べら」がいるらしく勝負が早いです。ただ、タナ調整が難しいです。振り込みも上手くない方なので・・・ それでも、周りからするとスタートダッシュは決まれました(笑) 8時51分に10枚をクリア。その後は、「新べら」がいなくなったのかアタリが乏しくなってきます。タナを調整したりするもアタリません。エサも言われていた〈わたグル〉配合のAに変えるも更にサワリすらなくなってきたので、今はこのエサじゃないと判断して最初のに〈強力グルテン〉を増量したBに変更。しかし、極稀に釣れますがもがきます。「新べら」が減ったらしく待ちの釣りです。しかも、タナも微調整するもどうもあってない様子。なんか崩れたのか下手なのか・・・ 朝の釣れ方を求めて頑張ってみるも・・・ 何とか数枚を追加して、午前中の最後に釣って11尺を諦めます。

午前中 14枚(12時まで)

 午後は竿を変えますが、11尺でカケアガリにもがいたし、13尺くらいまでなら何とかって情報もあったので13尺にしてみます。釣り方は同じです。

竿 13尺 底 両グルテン
  ※右から左に浅く、手前に浅い
 ☆その他は、11尺と同じ
エサ
 Bと同じ
 Aに戻す

 基本セッティングは11尺と全く一緒です。底は11尺よりはかなりマシですが、右からと手前からのカケアガリを拾ってます。エサは、Bの残りを使い12時30分に再開です。やはり、居着きがいたらしく10分くらいで動き出して、12時43分に食い上げで13尺の一枚目が釣れ、立て続けに2枚を追釣。しかし、釣った後はシラーっとしてます。11尺に比べるとへらの量が少ない感じです。なので、寄せ作業をすると、また2〜3枚を繰り返します。アタリは、グルテンらしい抑え込み等もあって面白いです。13時49分に合計での20枚をクリア。このまま30枚オーバーか??と思ったら、突然、アタリがでなくなります(汗) タナを確認するも狂ってない・・・ ウキのエサ落ちも・・・ はて何だろう・・・ ウキ自体動くの稀です。回転を上げても寄ってこない。う〜む・・・ ふと思いついて、もしかして天気が良くて上の水が温かくなって上ずった??と思って〈粒ペレF〉を追い足して様子をみると・・・ビンゴ!寄せ作業をするとサワリが復活します。ただ、とても30枚越えになるペースではないので25枚に修正するも、アタリ自体は多くないので・・・24枚までは快調だったんですが、最後の一枚が・・・ エサもAにもどしてみるも・・・ 更に同じように〈粒ペレF〉投入。スレ・・・合わせ切れ連発(汗) まさかこれが「真嶋氏」が言ってた300kgだけ入れた型物か??0.3号のハリスが全く歯が立たない。成すすべなく切られます。それでも、最後に粘って上りべらを釣って終了。

午後 11枚(15時3分まで)

合計 25枚

 釣果は微妙でしたが、両グルらしいアタリが多くて楽しかったです。ただ、もう少し11尺のカケアガリのタナ合わせが上手くいってれば・・・って感じでした。型は小ぶりが多いですが、時より尺近くが釣れるので楽しいですよ。意外と元気べらも多いですし。なので、柔らかめの竿や竹竿で遊ぶといいかもです。ちなみに、11尺近辺が一番魚影が濃く感じました。また、13尺では釣れなくはないですが、寄せ時間が入るのでペースは遅くなります。雰囲気的には12尺かなぁって感じですね。

今回の反省
・11尺のカケアガリに完敗です(笑) タナが合えば一気に釣れるんですが・・・ タナ取りもっと勉強しないと・・・ それか、素直に早めに諦めて竿の長さを変えてればって感じです。しかも、13尺じゃなくて12尺も様子を見てれば、もっと好転したのかもね。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
真嶋園 その13 へらぶな釣りと旅行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる