へらぶな釣りと旅行

アクセスカウンタ

zoom RSS 三和新池 その3

<<   作成日時 : 2018/02/06 18:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 2月3日(土)は、節分なので成田山新勝寺へ・・・じゃなくて、もちろん釣りに行きますよ。いつもの知人からは『清遊湖』に誘われてたんですが、この時期は陽が当たらない場所が多すぎて寒いってイメージしかないんですよねぇ・・・ 忘れもしない数年前の12月に中央桟橋で風邪引きそうなくらい寒かったトラウマしかないんですよ(汗) なので、「釣れる」と言われても・・・ と言う事で単独釣行です。ホントならスキーに行くつもりだったので、ちょっと遠出でもしてみますかね。候補としては、『神扇池』、『中の島センター』、『三和新池』です。一度も行った事がないのは『神扇池』なんですが、あまりにも情報がなかったのでパス。『中の島センター』ば、住宅地の中だったので陽当たりの記憶がないので、もう少し暖かくなってからかなぁ。で、残った『三和新池』に決定です。ここならば、デコはないでしょうし、おそらく、井戸水を入れっぱなしなので水温が高いので確実に釣れそうですしね。
 取りあえず、3時半に起きます。当然、高速なぞ使わずに下道でいきますよぉ〜(笑) 家から約2時間弱ってところです。6時ちょっと過ぎに着きましたが、思った以上に車が止まってますが一人なので入る場所に苦労しそうにないレベルです。料金を払う時に管理人に両うどんはどう??と聞くとあまりやってる人はいないと言われましたが、やってみる事にします。ここは4.5M強の深さがあるので底釣りが楽しいんですよね。釣れればですけど(汗) しかし、池に行くと相当数のモジリがあります。なので、デコの確率は低そうなので一安心です。冬で、これだけのモジリは初めてなのでビックリですけどね。

場所 東桟橋 108番(メーター規制あり)
竿 18尺 底 両うどん
  ※ほぼ平坦だが、かなり柔らかい
道糸 将鱗 フロロ 0.6号
ハリス 将鱗 フロロ 0.3号
  上 40cm
  下 45cm
ハリ バラサ 3号
ウキ 弥介 うどん用ソリッドムク 3番
エサ
 @Gうどん(深場用):1包 水:113cc
   まぶしこ:底まぶし、MVP

 今回は、細仕掛けを使おうとは考えましたが、前回の時のへらの元気さと18尺の細仕掛けがなかったので普通のを使います。段底ならば15尺前後なんですが、バランスの底なら18尺でも何とかなるでしょうし。ちなみに、19尺まで振れますが持って来てないですしね。ウキは、こんな深い池では滅多に両うどんの底はやった事がないので落とし込みで一気に落として「まぶしこ」を底までもたせる作戦なので大きめをチョイス。ハリスは、前日の雪で底の方はやや冷たくなっていると思われるので追いかけを期待して長め、ハリはウキと同じで一気にって事で両うどん用として手持ちの一番大きいの使います。エサも当然粘りの強いうどんを準備してきたしね・・・ただ、ドロがあると思ったら忘れてたので、もし底までもたなかったら「うどん転がし」で押し込みです。準備を終えて7時29分にスタートです。基本、今回も「鬼待ち」で釣っていきます。正確には計ってませんが、サワリが無くても自分の感覚で5分くらいは待ってから打ち返します。サワリがあれば、もっと誘いながら待つ事もします。20分くらい打っていると、一目盛りくらいなのサワリが出るようになってきて、誘ってを繰り返して明確なアタリを待つもなかなか出ません。それでも、馴染んで暫くして誘おう思ったらツンと入って合わせて第一号が釣れます。尺くらいの元気べらです。その後は、サワリは多いんですが思った以上には釣れません。試しに「一目盛りくらいのサワリ」と判断した動きに合わせるとスレ。やっぱり、明確にアタった以外は食いアタリではない様子。ポツポツと釣っていると10時半前にに「昼食の弁当が〜」って言うアナウンスが・・・相変わらず早い!早すぎ(笑) 今回は「から揚げ弁当」なので、出来るだけ温かいのを食べたいので食べに行きます。20分くらいで食べ終えて再開です。ちなみに、ここまでで7枚です。しかし、ここからがもがいた・・・アタリが飛んだりカラツンばっかりだとかで釣れない。エサ落ち確認やタナ調整を繰り返すも・・・ どうもかなり底が掘れてる様子。午前中に「ツ抜け」出来れば午後から段底と考えてたんですが、1枚が届かず午前中終了。

午前中 9枚(12時まで)

 午後になっても底の掘れにもがきます(汗) そして、やっと12時39分に10枚を通過です。しかも、食いも落ちたのか動きが少ないです。好調に釣れてるのは段底みたいです。何度も釣り方を変えようかと思うも頑張って続けます。出来るだけ同じ位置に振り込むようにしたり、底が掘れてない場所を探したりとするも・・・カラツンばっかりです。試しに、朝と同じようなサワリらしきを合わせると、今度は釣れるし(笑) そればっかり追い掛けるとスレ多発。う〜ん、私には何が違うのか判別が出来ません。なので、出来る限り、明確なアタリを合わせるもヒット率がねぇ・・・ まぶしこも、変化を付ける意味で、もう一種類ふやしてみるも劇的な変化はないです。午前中と比べると、かなりのペースダウンです。釣れれば引きは良いんですけどね。徐々に18尺を振る腕にも疲れが出てきたので、早めに終了にします。帰りは渋滞が必ずあるので時間が掛かりますしね。

午後 3枚(14時34分まで)

合計 12枚

 冬でもウキが動いて釣れるってのはありがたいです。ただ、釣り方をもっと考えればもっと釣れた感じです。入った場所の底がかなり柔らかく掘れていったのに苦労しました。釣れれば引きもいいんですよねぇ ちなみに、コンスタントに絞っていたのは段底でしたね。メーターでも釣れてるようでしたので、一回くらいはメーターを挑戦したいとは思うものの、この深さでの底釣りは面白いしなぁ・・・ それと、この釣場がもっと近ければ・・・ しかも、そこそこ綺麗に管理されてますしね。 
 ちなみに、あんまり両うどんをやる人がいないと言われて心配でしたが普通に釣れそうな感じです。私はタナボケに悩みましたが、その要素がなければ問題ないですね。1回目なのでたまたまかもしれませんが・・・

今回の反省
・数を狙うなら、底調整を頻繁にやりだした辺りで竿を変えるか、釣り方を変えるかした方が良かったです。自分の対応力の練習と続けましたが完敗です(笑) 

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
三和新池 その3 へらぶな釣りと旅行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる